すみおさん

すみおさん

気になる動画、芸人、ニュース、あとは個人的な日記など書いていきます!

スポンサ-ドリンク

金持ち父さんのセカンドチャンスを読んでみた感想と備忘録

金持ち父さんのセカンドチャンスを読んでみた

 先日、金持ち父さんのセカンドチャンスという本を買って読んでみました。

 

f:id:hanecchi:20170112213203p:plain

 

ロバートキヨサキ氏の金持ち父さんシリーズはこれまでほとんど読んできているので(読んでないものもあるが・・・)、前から書店で目にするたびに気になってはいました。

 

そして読んでみた感想ですが、ロバートキヨサキ氏の言いたいことは本質的に他のシリーズと変わらないな~という感じです。

 

他のシリーズを読まれたことのある方はわかると思いますが。

 

つまり「これからの時代を生き残るにはファイナンシャル教育を受けなさい」ということですね。

 

そして、キヨサキ氏のおなじみの、「キャッシュフローゲームも興味持ったら買ってね」みたいなところでしょうか。

 

ただ、キヨサキ氏の言いたいことはどの本でも同じではありますが、どのシリーズも切り口、観点が異なっていて、そういった部分で新しい発見があるため金持ち父さんシリーズは面白いといつも感じています。

 

例えば「金持ち父さんの子供はみんな天才」だったら子供にファンナンシャル教育を受けさせる必要性を説いていますし、「金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法」だったらレバレッジの大切さを説いています。

 

印象に残ったところ

 

一昔前は人々の経済状況に応じて「富裕層」「中流層」「貧困層」 とおおざっぱにくくられていましたが、最近は「中流層」がいなくなり「富裕層」「貧困層」の2極化が進んでいるといったことをよくニュースで耳にします。

 

しかし金持ち父さんのセカンドチャンスではもう一歩深い考察を示してくれています。

 

それは「富裕層」の一部が貧困化してきていて、貧困層になってきているということです。

 

つまり「富裕層」のなかでもよりリッチになる人々、貧しくなってしまう人々がいるということですね。

 

これはどういうことかというと、「富裕層」の中でもファイナンシャルリテラシーの高い人とない人がいるということだそうです。

 

一昔前:<富裕層>  │ <中流層>  │ <貧困層>

     

現代:<富裕層>     │    <元富裕層> <元中流層>   <貧困層>

 

ではファイナンシャルリテラシーのない「富裕層」というのはどんな人たちなんでしょうか?

 

それは昔に株を買って長期的に持ち続けたら株価が上がったため金持ちになったような方々を指すと本では指摘しています。

 

古きよき時代では株を買って、上がり続けることを祈るだけで金持ちになれたけど、現代の情報化社会では、そんなことはもう通用しないということです。

 

どんな人におすすめ?

 

 やはりこれまでに金持ち父さんシリーズを何冊か読み、感銘を受けたことがある方におすすめですね。

 

 

シリーズの最初のものと、キャッシュフロークワドランドは読んだことがないと、セカンドチャンスは理解するのが難しいかと思います。