すみおさん

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみおさん

気になる動画、ニュース、あとは個人的な日記など書いていきます!

スポンサ-ドリンク

山下澄人が「しんせかい」で芥川賞を受賞!!経歴•年齢•出身•学歴が気になる!

山下澄人の芥川賞受賞が話題に!!

f:id:hanecchi:20170119225349j:plain

 

作家の山下澄人さんが芥川賞を受賞したことが大きな話題になっていますね。

 

 第156回「芥川龍之介賞」および「直木三十五賞」の選考会が1月19日、都内にて行われ、芥川賞は山下澄人さんの「しんせかい」(新潮社)、直木賞は恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」がそれぞれ選ばれました。

 山下澄人さんは1966年生まれ、兵庫県神戸市出身。これまで「ギッちょん」「砂漠ダンス」「コルバトントリ」で3度にわたり芥川賞候補に挙がっていましたが、4度目となる今回で受賞を果たしました。「しんせかい」は、演劇塾で学ぶため北を目指していた青年が、俳優や脚本家を目指す若者たちが自給自足の共同生活を営む「谷」と呼ばれる場所にたどり着く、というストーリー。

 

Yahooニュースより

 

 

 

ということで、山下澄人さんについて興味を持ったので、経歴などいろいろ調べてみました。

山下澄人の経歴

芥川賞を受賞された山下澄人さんとは一体どんな方なんでしょうか?

f:id:hanecchi:20170119225446j:plain

 

山下澄人(やましたすみと)さんは1966年1月25日生まれの50歳

 

出身地は兵庫県神戸市

 

学歴としては神戸市立神戸商業高等学校(現神戸市立六甲アイランド高等学校)を卒業されています。

 

そんな山下さんですが、もともとは俳優や劇作家など、演劇の世界出身で、 小説を発表しはじめたのは2011年からだそうです。

 

年齢で言うと45歳くらいからなんですね。

 

とはいえ、2012年「ギッちょん」ではすでに第147回芥川賞候補に挙げられています。

その後も何度か芥川賞候補になっています。

 

そして、今回芥川賞を受賞した『しんせかい』ですが、俳優や脚本家を目指す若者たちが自給自足の共同生活を営む「谷」と呼ばれる場所にたどり着く、というストーリーになんですね。

 

山下さんがもともと演劇の世界で頑張ってきたことが小説で役に立っているという感じですね。

 

スティーブジョブズが講演で「点と線」ということを言っていましたが、まさにそれだなと思いました。

 

ということで、『しんせかい』買って読んでみようと思いました。