すみおさん

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみおさん

気になる動画、ニュース、あとは個人的な日記など書いていきます!

スポンサ-ドリンク

昭和の日っていつからだっけ?由来やみどりの日との違いは?

f:id:hanecchi:20170413002349j:plain





日本の祝日が少しずつ変わってることをご存知ですか?
もうすぐGWですが、その間の休日で名前が3度変わっている日があるんです。




4月29日は呼び名が3度も変わっていた






f:id:hanecchi:20170413002406j:plain









4月29日は、5月のGWの初日となることも多い祝日ですが、
実はその呼び名は、3度も変わっているんです。

そもそもなぜ4月29日が祝日なのかというと、昭和天皇の誕生日だからです。
名前①「天皇誕生日」

ところが昭和天皇御逝去され、平成天皇の誕生日が「天皇誕生日」になったので、
名前②「みどりの日」

みどりの日で定着していたものが、2007年から
名前③昭和の日

なんと同じ日の同じ祝日という状態は変わらないのに、名前だけが3度も変わっているんです。
①の天皇誕生日は納得です。国の象徴を祀るというのは問題がありませんよね。
その象徴が変更になれば当然記念日も変わるわけで、②に関してもわかります。
では、なぜ②から③になったのでしょうか。
そもそも、②の名前の由来も気になるところですよね。


それぞれの名前の由来は?



歴代の天皇の誕生日がすべて祝日として残っているかというと、そうではありません。
では、なぜ昭和天皇の誕生日は祝日として残っているのでしょうか。

それは、「昭和」が日本においてとても大きな意味を持つ時代だからなんです。
戦争を体験し、その後の復興から高度経済成長を迎え今の先進国日本を作り上げた時代。
そんな時代を良くも悪くも象徴するのが「昭和」であり当時の天皇ということなんですね。


そこで昭和天皇御逝去後もその功績を残そうということで、
当初は「昭和記念日」という名前も候補に上がっていましたが、
昭和天皇が緑を愛する植物学者だったことを考慮して「みどりの日」が誕生します。

ところが「昭和天皇を偲び、昭和の苦難と復興を忘れないように」との考えから、
2007年の法改正で「昭和の日」と、名称が変更になりました。

「昭和」というと戦争を思い出す人も多く、名称変更の法案は棄却され続けていました。
ところが、戦争の体験者が減る一方、大戦を忘れてはいけないという思いが高まり、
年月をかけての「昭和の日」の誕生となったのです。


実はもう1日名前の変更された日があった



そんな重要な意味を持つ「昭和の日」への名称変更の影で、
こっそりと名前を変更された休日があります。
それが、5月4日(国民の休日)なんです。

以前は「飛び石連休」なんて言い方があったことをご存知でしょうか。
5月のGWはもともと4月29日(天皇誕生日)5月3日(憲法記念日)5月5日(こどもの日)の、
3日だけで、その間は平日だったんです。
家族旅行の計画を立てようと思っても子供は学校、夫は会社がそれぞれあるので、
まとまった旅行は諦めるか個人的な休みを取るしかなく、大型連休となる人はほんの一握りでした。



f:id:hanecchi:20170413002416j:plain








ところが、祝日に挟まれた1日も休日にしてしまえということで、
5月4日は「国民の休日」という、とっても素敵な祝日が誕生しました。
この5月4日が、今は「みどりの日」に名称変更されているんです。

なんとなく「○○は休み」と一括りにしてしまう祝日ですが、
その成り立ちにはいろいろな意味があるものです。
一度、祝日の本来の意味を調べてみるのも楽しいかもしれませんね。