すみおさん

すみおさん

気になる動画、ニュース、あとは個人的な日記など書いていきます!

スポンサ-ドリンク

有田陶磁器市2017の日程や営業時間は?無料駐車場やシャトルバスも気になる!

 

f:id:hanecchi:20170418232631j:plain





料理の顔ともいわれるほど、盛り付けるお皿は料理人にとっては重要なもの。


せっかくの料理も、器が貧相だとその魅力が半減するとまで言われるほどなんです。

 

日本三大陶器市である「有田陶器市」で、お気に入りの器を見つけてみませんか?



2017有田陶器市の日程と見どころ



まずは絶対に外せない情報が「いつ」「どこで」開催されるのかですよね。

第114回 有田焼陶器市
平成29年 4月29日(土)~5月5日(金)

佐賀県西松浦郡有田町
JR有田駅から上有田駅までの約4キロ区間

開催時間に関しては統一されていないので、お店によっては朝の6時から営業しているところも。
大体夕方6時ころには、順々に店じまいが始まるようです。




f:id:hanecchi:20170418232647j:plain




そもそも陶器市の始まりは、お店が売れ残りを格安で提供したことから始まり、
今でも、正規品として百貨店等には卸せない半端物を格安で販売してくれています。


その他、若い作家さんのオリジナル作品などもあり、自分の贔屓を見つけるのが楽しみでもありますね。

有田焼以外の焼き物も多く出品され、数々の焼き物に触れる事ができるのが
この「陶器市」の醍醐味ではありますが、ちょっと変わった楽しみ方が。

毎年会場についてみないとわからないんですが、
食事に使った器を持って帰ることができるサービスがあるんです。

先着順なのであまり浸透していないサービスなんですが、
お椀やカレー皿など、過去に配られたものを知るとちょっと興味が湧いてきます。


実際にお店で使用されたものなので、盛り付けの参考にもなるし、
それを気に話題が広がってレアな情報をゲットできるかもしれないですね。

有田焼というと地の白がとてもきれいなことが特徴的ですが、
その白があえてくすんでいたり、釉薬のまだらなものをみつけるのもいいですよね。
世界でたったひとつの、自分だけの有田焼です。



f:id:hanecchi:20170418232705j:plain





そして、陶器市の何がいいかというと、セット売りしていないので、
ほしい枚数が揃うということなんです。(店頭にあればですが)

日本の器は5枚セットが主流です。しかし6人以上の家族だったり、
それ以下の枚数しか必要のない場合、セットだと都合が悪いんですよね。


そんなときは、バラ売りしているところでほしい枚数買うことができるというのも、
陶器市ならではの買い方ではないでしょうか。


たっぷり買う予定なら車でしょ



電車で行く場合、通常は1時間に1本しか走っていない電車も、
陶器市開催期間中は、博多発特急みどり号・ハウステンボス号が有田駅に臨時停車をし、JR九州の快速「有田陶器市号」が臨時運行されるので、そちらを利用すると便利です。

しかし目的地は「有田焼陶器市」ですよね。


当然気に入ったものは購入するし、買えば持って帰らなくては行けません。

しかし陶器は案外重たいんですよね。しかも割れないように気を使うとなると…

購入が目的で現地入りするのであれば、やっぱり車が一番便利ですよね。

たっぷり買っても、重い思いも壊れる心配もなく安心に持ち帰れますからね。

ただし、述べ120万人以上の来場を誇る「有田焼陶器市」なので、駐車場確保も大変です。


f:id:hanecchi:20170418232721p:plain





期間中は、小学校や周辺の空き地などが駐車場として開放されていることがあります。


利用料金は、時間に関係なく1回500円なのでとてもリーズナブルです。

ただし、周辺有料駐車場には、それ以上の金額の場所もあるので、
止める前に料金形態はきちんと確認してからにしましょう。

朝早いのが苦にならない人なら、無料駐車場もおすすめです。
「有田ポーセリンパーク」
有田町最大規模の無料駐車場になります。


陶器市会場までの無料シャトルバスの発着場となっていて、
30分おきに会場までのシャトル便が運行しています。

波佐見・有田インターチェンジからも近いので、車での便も問題ありません。


見るだけでも楽しい、陶器好きにはたまらない7日間がもうじき始まろうとしています。
効率よく会場を見て回るためにも、まずは会場マップを手に入れましょう。
ちなみに下記は去年の店舗マップになります。

 

f:id:hanecchi:20170418232732j:plain