すみおさん

すみおさん

気になる動画、芸人、ニュース、あとは個人的な日記など書いていきます!

スポンサ-ドリンク

遮光カーテン1級の意味は?安いおすすめカーテンの選び方が知りたい!

f:id:hanecchi:20170603193503j:plain



外から部屋の中が丸見えにならないため、窓にカーテンは必須ですよね。
そんなカーテンですが、実に様々な種類があり、安易に安いものを購入すると失敗することも。
最近よくきく「遮光カーテン」や、失敗しないカーテンの選び方を見てみましょう。

「遮光カーテン」ってなに?



f:id:hanecchi:20170603193511j:plain



カーテンを掛ける目的って、まずは目隠しですよね。
道行く人に部屋の中が丸見えって嫌だし、防犯的にもよくありません。
その他にあるとすれば、やはり光の遮断です。
特に夜寝る時や、西日の強い部屋などは眩しすぎると困るという状況もあります。
その光の遮断率が特に高いものを「遮光カーテン」と呼び、レベルは3段階に別れます。

1級  遮光率99.99%以上(人の表情が判別できない)
2級  遮光率99.80%以上99.99%未満(顔や表情が段別できる)
3級  遮光率99.40%以上99.80%未満(顔の判別はできるが事務作業には暗い)



遮光率99.40%未満は、遮光性なしとして遮光カーテンという表示はされていません。
例えるなら、病院の窓にかかっているようなカーテンがそうだといえますね。

そして遮光カーテンと言うのは、光を通さないというだけでなく、
紫外線予防にもなるので、家具やたたみの日焼け予防にもなるんです。

また、外からの影響を遮断するだけでなく、室内環境を一定に保つ効果もあります。
つまり、冷暖房の効きが良くなるので、エコにもつながるというわけですね。


カーテンの選び方のポイント

 

f:id:hanecchi:20170603193529j:plain



遮光カーテンのメリットだけで、すぐに遮光カーテンに飛びつくのはちょっとまってください。
たしかにいいところの多い遮光カーテンですが、デメリットもあります。
それは「暗くなりすぎる」という点です。

遮光性をあげるには、カーテン自体の色を暗い色にすればいいわけですが、
学校の暗幕を思い浮かべてください。
日中にも関わらず、室内は明かりをつけないといけないほど暗くなりましたよね。
いくら冷暖房の効果が上がっても、室内灯を常時つけるのであれば意味がありません。
また、暗いほうがよく眠れるからと寝室を遮光1級のカーテンに変えると、
朝日がはいってこないので寝坊した、なんていう人もいます。

デメリットもしっかりと理解した上で、遮光カーテンはその等級と色で調整をしてみてください。

遮光の等級と言うのは、業界で統一されているものなのでどこで買っても同じですが、
値段の幅と言うのは、そのカーテンの耐久性と関係してきます。

格安の遮光カーテンを10年以上使うのであれば、多分後半の数年は明らかに遮光率が落ちているはず。
一定の遮光率を保っていたいのであれば、それなりの価格のものを選ぶか、
3~5年を目処に、部屋の模様替えの感覚でカーテンの買い替えをおすすめします。

遮光カーテンは、その遮光性をあげるために今まではあまり明るい色や多彩な物はありませんでした。
しかし最近では、ニトリやニッセン、その他通販でも一般カーテンと変わらないものがたくさんあります。

www.bicklycurtain.com


こちらは、デザイン性の高い遮光カーテンがかなりオトクな価格で販売されています。

カーテン一つで部屋の印象がガラッと変わります。
お手軽な遮光カーテンで、お部屋をもっとステキに暮らしやすい空間にしてみませんか?

 

oyakudachi.hatenadiary.com