すみおさん

すみおさん

気になる動画、芸人、ニュース、あとは個人的な日記など書いていきます!

スポンサ-ドリンク

妊婦は自転車にいつまで(妊娠何ヶ月)乗っていいの?振動の影響は流産などリスクがあるの?

f:id:hanecchi:20170621225922j:plain




電動自転車も様々な工夫がされ、その復旧率はうなぎのぼりだといいますよね。
車ほど搭載量はないけど、小回りがきいて普段使いにはもってこいの自転車ですが、
妊娠したら、いったいいつまでなら乗っても問題無いんでしょうか。



妊婦さんが自転車に乗っていい時期って?



f:id:hanecchi:20170621225930j:plain




大きなお腹の妊婦さんが、フゥフゥ言いながら歩いている姿はよく見ますが、
必死に自転車を漕いでいる姿はあまり見かけませんよね。
でも、実際には自転車がないと生活が不便という方はたくさんいるはず。
妊娠○週になったら、自転車は禁止です。
なんて言われても、生活があるので守れない人だっていますよね。
いったいいつまでなら、妊婦さんも自転車に乗ってもいいのでしょうか。

正解は「いつまででも」です。

妊娠初期で、気付かずに毎日自転車に乗っていたと心配になった人も、
徒歩は大変で、電動自転車が手放せないという人も、
妊娠がわかった時点で、そく自転車生活から離れる必要はありません。

ただし、次のようなことが、妊婦さんが自転車を乗ることに対して
よく言われることではあるので、心に留めておいてください。


胎児への影響は?



f:id:hanecchi:20170621225953j:plain





妊婦さんの自転車使用には、賛否両論あります。
つまり、医学的な研究はされていないのです。
ただし、体の構造や力のかかり方などを考えた時に、
こんな懸念材料があります、という注意は受けるかもしれません。

①ペダルを漕ぐ時に腹圧がかかるので切迫流産の可能性がある
②振動が子宮を刺激して破水や陣痛を呼ぶ可能性がある
③体型の変化によりバランスが取りづらく転倒の可能性がある
④ホルモンバランスの影響で注意力散漫になり事故の可能性がある

病院の先生や、周囲の家族から懸念されるのはだいたいこの4つくらいです。
また、これは歩いているときでも言えることですが、
大きなお腹のせいで足下が見えづらくなるというのも、危険要因ですよね。

しかしこれらを逆手に取った、猛者の意見というのもあるんです。

「臨月に入り、今までは徒歩での散歩を日課にしていたがあまりにもお腹が降りないので、
自転車で無理に腹圧をかけてお腹を下げ、なんとか予定日に出産できました」

「あまりにもつわりが辛かったので、気分転換にと自転車に乗ったら、
風と揺れがつわりの緩和になった」

いろいろな影響と効果があるということなので、絶対に自転車はだめということではないですが、
乗るならせめて、これだけは注意してほしいというポイントをまとめました。


乗るならこれだけは気をつけて!



f:id:hanecchi:20170621230010j:plain





良くも悪くも体への影響はあるので、妊婦さんが自転車にのるときに気をつけたいポイントです。

1.両足がしっかりと地面につくポジションまでサドルを下げる
2.体が垂直になるようにハンドルを起こしておく
3.凹凸の少ない道を選ぶ
4.少しでも気分の優れない日は乗らない
5.熱すぎ、寒すぎなどの天気の時は控える
6.長時間乗らない
7.何かあってもすぐに止まれるスピードで乗る

定期検診のときには、必ず先生に自転車に乗っていること、一日にどれくらい乗るのか、
正直に話して起きましょう。
それを加味した診断をしてくれるので、それだけでもリスク回避になります。

妊婦さんにはいろいろな制約がでますが、その中でも楽しんで毎日を過ごしてください。