すみおさん

すみおさん

気になる動画、芸人、ニュース、あとは個人的な日記など書いていきます!

スポンサ-ドリンク

塙保己一(はなわほきいち)とヘレンケラーの関係は?

 

f:id:hanecchi:20170623000804p:plain



塙保己一がGoogleのロゴに!!



2017年6月23日、塙保己一が、Googleのロゴになっていることを知りました。

 

恥ずかしながら、初めてお聞きしたお名前なんですが「はなわ ほきいち」さんと読むみたいです。


塙さんは江戸時代の国学者だったそうですが、確かにGoogleのロゴは頭のよさそうな男性の後ろに本棚があり、かなり古風で知的な感じになっていますね。
 

ちなみに今日は塙さんの生誕271年記念だそうです。

 

なるほど。


そんな塙保己一について、気になったのでいろいろ調べてみました。


塙保己一について

 

f:id:hanecchi:20170623001827j:plain



「塙保己一」。

1746年6月23日生まれ。

 

1821年10月7日に亡くなられています。

 

出身は武州児玉郡保木野村(現在の埼玉県本庄市児玉町保木野)。

 

 

 

塙 保己一(はなわ ほきいち、延享3年5月5日(1746年6月23日) - 文政4年9月12日(1821年10月7日))は、江戸時代の国学者。幼名は丙寅にちなみ寅之助(とらのすけ)、失明後に辰之助(たつのすけ)と改める。また、一時期、多聞房(たもんぼう)[1]とも名乗る。雨富検校に入門してからは、千弥(せんや)、保木野一(ほきのいち)、保己一(ほきいち)と改名した。『群書類従』『続群書類従』の編纂者である。総検校。贈正四位。

子に伊藤博文と山尾庸三に暗殺されたと推測される国学者塙忠宝がいる。

 

Wikipediaより

 

塙保己一 - Wikipedia

 

 

 塙保己一は幼いころに病気で両目を失明するというハンディキャップを背負ってしまいますが、15歳で江戸に出てからは学問に精を出し、のちに「日本の古書古本を1,273点収録した群書類従を編纂」するという偉業を成し遂げます。

 

盲目の彼が大きなことを成し遂げたことに、強い影響を受けたのがかの有名なヘレン・ケラーです。

 

f:id:hanecchi:20170623003509j:plain

 

ヘレン・アダムス・ケラー(Helen Adams Keller、1880年6月27日 - 1968年6月1日)は、アメリカ合衆国の教育家、社会福祉活動家、著作家である。

視覚と聴覚の重複障害者(盲ろう者)でありながらも世界各地を歴訪し、障害者の教育・福祉の発展に尽くした。

 

Wikipediaより

 

ヘレン・ケラー - Wikipedia

 

ヘレン・ケラーはのちに日本に来日した際に、塙保己一に触発されたということを語っておられます。

 

自分が辛い状況にあるときに、似たような境遇の方が頑張って大きなことをしたという話を聞くと影響を受けるものですよね。

 

しかし、そもそもアメリカのヘレン・ケラーが、本人が生まれる50年以上も前に亡くなった日本の塙保己一のことを知っていたということがすごいです。

 

塙保己一は世界的にも有名なんですね。

 

以下、サイトに詳しいことが書かれているので参考になさってください。

 

www.mag2.com

 

なお、以下は「塙保己一 物語」「塙保己一の生涯」という動画です。

 

 

なるほど。

 

 日本にこんな素晴らしい方がいたということを知り、大変勉強になりました。


ということで、塙保己一さんについて、かなりざっくりと記載させて頂きました。