すみおさん

すみおさん

気になる動画、芸人、ニュース、あとは個人的な日記など書いていきます!

スポンサ-ドリンク

笠原群生(かさはらむれお)の経歴は?年齢や出身や学歴なども気になる!

f:id:hanecchi:20170707033422j:plain



未来を担う子供たちへの専門の医療ドクター『笠原群生』先生。
笠原先生のすごさの秘密に迫ります!


笠原群生医師とは



お医者様にも色々と専門がありますが、笠原群生医師は「小児臓器移植」の専門外科医なんです。
大人と違って、子供の臓器移植は臓器そのものが小さいと言う他に、その後の成長を見越したり、
抵抗力が弱いので手術に取れる時間が短いなど、様々な問題があるものなのです。
しかし笠原群生医師は、そんな小児の臓器移植専門でその成功率も90%を超えるスーパードクターなのです。
そんな笠原群生医師のプロフィールがこちら。

f:id:hanecchi:20170707033434j:plain

生年月日 1966年2月10日

年齢           51歳
出身地  群馬県
出身校  群馬大学医学部卒

現在は、国立育成医療研究センター臓器移植センター長として、数多くの命を救うとともに、
若手の育成にも力を入れていらっしゃいます。

自身の結婚に関する情報は見当たりませんでしたが、お父様については少しふれられていました。
笠原医師のお父様は、循環器のお医者様でした。そのお父様に憧れて医師を志したそうです。
そんなある日、島根医科大(現在の島根大学)で生体肝移植が成功したというニュースをみます。
「移植をすることで元気になる患者さんがいる。そんな夢のような医療を学びたい」と移植医療を意識します。
お父様がお医者様じゃなかったら、ニュースを見ていなかったら、
要所要所で移植専門医への道標があったのかもしれませんね。


笠原医師のエピソード



笠原医師のいる国立育成医療研究センターでの移植成功率とその後の生存率は、世界でトップの実績です。
そんな笠原医師の幼年期は、さぞかし勉強に励んだ優秀な子だったのだろうと思いきや、
算数は比較的好きだったが、基本的に勉強はできた方とはいえなかったそうです。

田舎育ちだったこともあり、山で昆虫採集したり、川で釣りをしたりしていたとか。
朝早くから夜遅くまで、ひたすら体を動かして遊びまくった子供時代だったそうです。
今のバイタリティも、その頃の培ったものだと本人もおっしゃっています。

さまざまな命に触れることで、医師として重要な命を扱うということへの敬意も育てられたのかもしれません。


f:id:hanecchi:20170707033504j:plain



また、外科医の印象について訪ねたときも、
外科医は誰にでもなれるものではありません。高い技術と強い精神力が必要になる大変な職業です。
と、厳しいことを言ってらっしゃいました。
しかしその続きとして、
外科医は手術で患者さんを治すことができる、大変やりがいのある仕事です。
沢山の子供たちが外科医を目指してくれると嬉しいです。
ともおっしゃっています。

人が大好きで、命の尊さを感じその責任の重さをしっかりと受け止めている笠原医師。
そんな笠原医師が「泣き虫ドクター」として紹介されている番組が


f:id:hanecchi:20170707033516j:plain


7月10日(月)午後10:25~午後11:15(50分)
NHK 「プロフェッショナル 仕事の流儀」
にあります。ぜひご覧になってみてください。