すみおさん

すみおさん

気になる動画、芸人、ニュース、あとは個人的な日記など書いていきます!

スポンサ-ドリンク

2017年立秋(北半球)は何月何日(いつ)?由来や行事食(食べ物)なども気になる!

f:id:hanecchi:20170712221902j:plain


暑い夏が終わり、秋の始まりを知らせる「立秋」
お盆やお彼岸のように、由来や特別な仕来りがあったりするんでしょうか。

2017年の立秋はいつ?



立秋はいつかと聞かれた時、「○月○日です」と答えるのが通常ですよね。
しかし、実は立秋というのは、その日から数日間のことを言うんです。

2017年の今年は、8月7日が立秋でそこから22日までの15日間を指します。
暑かった日が、その日を境に突然涼しくなることはないですよね。
徐々に気温も落ち着いて、昼と夜の寒暖差が出てくるのがこの時期なのです。

f:id:hanecchi:20170712221924p:plain

どうやってこの日を計算するかというと、太陽と地球の位置が関係します。
地球を中心とした時、太陽は地球の周りを1年かけて1週します。
それを24分割した時の、いくつ目かによって、立秋や夏至などが決まるのです。

では、毎年同じ日が割り当てられると思いますが、そうではありません。
太陽と地球の位置関係は毎年微妙に違います。
その為、その違いが数日の誤差になって現れるのです。

今のような科学がまだ進歩していない時、太陽で季節を知ることは生活にとってとても重要でした。
特に秋の訪れを知るというのは、農作物の収穫や、寒い冬に向けた準備をするためにも、
とくに重要な情報の一つでした。

その為、いまでも「立秋」に関しては習わしごととして残っているのかもしれませんね。


立秋ってどんな日なの?



最近では手紙を書くことも少なくなりましたが、ビジネスマナーとして知っておきたいこととして、
立秋の前後で、季節のあいさつが変わるということです。

立秋前は、『暑中見舞い』で立秋後は、『残暑見舞い』となります。
どちらも暑さを見舞う挨拶状ではありますが、立秋を堺に挨拶の文句が変わることを覚えておきましょう。

また、特別な行事というわけではないので行事食と言うものはないですが、
立秋時期に食べるといいとされているものが『オクラ』『ナス』です。

f:id:hanecchi:20170712221938j:plain

オクラのネバネバには滋養強壮の効果があり、ナスには水分がたっぷりで体を中から冷やしてくれます。
【秋ナスは嫁に食わすな】といいますが、この理由には大きく2つあります。
1つは、秋ナスは美味しいので食べすぎてしまうという意味。
もう1つは、体を冷やす効果があるので、子宝に恵まれなくなるという意味です。

f:id:hanecchi:20170712221956j:plain


暑さ寒さも彼岸までというのも、夏のお彼岸の終わりが、ちょうど立秋の終わり時期とかぶります。
立秋に絡めたことわざや言い回しが沢山あります。
これを気に、ちょっと調べてみたりしてみませんか?

立秋を過ぎてもまだ暑い日は続きますが、そんな中でも秋は確かに近づいています。
装いに秋らしさを少しプラスしたり、夕方の風に秋を感じてみたりしてみませんか?