すみおさん

すみおさん

気になる動画、芸人、ニュース、あとは個人的な日記など書いていきます!

スポンサ-ドリンク

佐藤正午(さとうしょうご)が「月の満ち欠け」で直木賞を受賞!!経歴や年齢!学歴や小説の内容(あらすじ)が気になる!

佐藤正午の直木賞受賞が話題に!!

f:id:hanecchi:20170719204404j:plain

 

作家の佐藤正午さんが直木賞を受賞したことが大きな話題になっていますね。

 

第157回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が19日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞に沼田真佑さん(38)の「影裏(えいり)」(文学界5月号)が、直木賞に佐藤正午さん(61)の「月の満ち欠け」(岩波書店)が選ばれた。共に初めての候補で受賞。佐藤さんはデビュー34年にして選ばれた。

 

Yahooニュースより

 

 

 

ということで、佐藤正午さんについて興味を持ったので、経歴などいろいろ調べてみました。

佐藤正午の経歴

直木賞を受賞された佐藤正午さんとは一体どんな方なんでしょうか?

 

f:id:hanecchi:20170719204505j:plain

 

佐藤正午(さとうしょうご)さんは1955年8月25日 生まれの61歳

 

出身地は長崎県佐世保市

 

学歴としては北海道大学を中退されています。

 

そんな佐藤さんですが、大学在学中に同郷の作家野呂邦暢の『諫早菖蒲日記』という作品を読み感銘を受け、ファンレターを送ったところ、返事が返ってきたことにさらに感動したことで小説家を目指したということです。

自分の憧れの方から手紙の返事がくるなんて、かなり嬉しかったでしょうね。

そして、大学を辞めてから長崎に帰り、2年がかりで執筆した「永遠の1/2」という作品がすばる文学賞を受賞したことで作家デビューをすることができました。

 

その後34年間、小説家としてキャリアを積まれてきました。

 

以下のWikipediaにて詳しいことが記載してありますので気になる方は参照ください。

 

佐藤正午 - Wikipedia



そして、今回直木賞を受賞した『月の満ち欠け』ですが、2017年4月に岩波書店より発売されています。

 

あたしは,月のように死んで,生まれ変わる――目の前にいる,この七歳の娘が,いまは亡き我が子だというのか? 三人の男と一人の少女の,三十余年におよぶ人生,その過ぎし日々が交錯し,幾重にも織り込まれてゆく.この数奇なる愛の軌跡よ! 新たな代表作の誕生は,円熟の境に達した畢竟の書き下ろし.さまよえる魂の物語は戦慄と落涙,衝撃のラストへ.

 

岩波書店

 
気になる内容ですねー。

これはもう、直木賞受賞というのもあって、読んでみたい方は多いと思います。

 

私はぜひ読もうと思いました。

 

sumiosan.hatenablog.com