すみおさん

すみおさん

気になる動画、芸人、ニュース、あとは個人的な日記など書いていきます!

スポンサ-ドリンク

周有光(しゅうゆうこう)って誰?

周有光(しゅうゆうこう)って誰?

 



「周有光生誕112周年」がGoogleのロゴに!!



2018年1月13日、周有光が、Googleのロゴになっていることを知りました。

読みは「しゅうゆうこう」さん。

 

中国の方でしょうか?

 

周有光さんのGoogleロゴを見る感じ、日本でいう明治、大正時代の文学者って感じがします。(あくまで主観的なイメージです汗)

 

調べたところ、周有光さん、中国の有名な言語学者「ピンインの父」と呼ばれているすごい方だとのこと。

  

なるほど。

 

すごく賢そうな方に見えますもんね。

 

いったいどんなことをされた方なんでしょうか?

 

そんな「周有光さん」について、気になったのでちょっと調べてみました。


 

 

周有光について



周有光さん

 

f:id:hanecchi:20180112205208j:plain

 

1906年1月13日 に生まれ

 

2017年1月14日に亡くなられています。

 

出身は中国の江蘇省常州。

 

 

 

周有光 - Wikipedia

 

 

周さんは上海の聖ヨハネ大学で経済学や言語学を学びます。

 

その後、光華大学に移り、卒業します。

 

また1933年~35年まで、日本に留学(東京帝国大学と京都帝国大)するなど高い学歴をお持ちです。

 

お仕事は、復旦大学などで経済学の教授をしたり銀行員をしたりといったキャリアを積んでおられます。

 

復旦大学って上海にある頭の良い大学ということで有名ですよね。

 

日本でいうと早稲田、慶応みたいなレベルだと知り合いの中国の方に聞いたことがあります。

 

話は戻りますが、その後、1950年代に周さんが公表した漢字改革についての論文が注目を浴び、中国文字改革委員会に頼まれて「漢語ピンイン計画委員会」の委員になりました。

 

 

 

f:id:hanecchi:20180112232744j:plain

 

ピンインとは漢字の発音のローマ字表記のことで、周さんは3年かけて「ピンイン」を考案し、導入に貢献することとなります。

 

その結果、漢字が読める中国人が15%から95%に大幅に上昇しました。

 

また1980年代には「ブリタニカ百科事典」を中国語に翻訳するための委員をつとめていました。

 

そして、2017年1月14日に111才で亡くなられています。

 

すごい長生きですね。

 

なお、彼は生涯をとおして40作以上の本を執筆しています。

 

なるほど。

 

そういえば、ピンインって中国語を勉強するときに参考書に必ず出てきますよね。

 

NHKの中国語講座でも出てきました。

 

 ということで改めて、ピンインについて調べてみました。

 

ピンインって何?

 

周有光さんが考案し、中国に導入したピンインっていったい何なんでしょう?

 

以下はWikipediaになります。

 

 

ピン音 - Wikipedia

 

 

拼音(ピンイン)は、中国語で音節を音素文字に分け、ラテン文字化して表記する発音表記体系を指す。

 

Wikipediaより

 

ピンインとは「中国語の発音記号」で、それをローマ字で表したものになります。

 

例えば、我爱你(ウォ・アイ・ニー:意味…私はあなたを愛してる)のピンインは

wǒ ài nǐ (ウォ・アイ・ニー)となります。

 

上記のようなあっさり過ぎる説明だと、もしかしたら物足りないと感じるかもしれません。

  

もっと詳しく知りたい方は以下を参照なさってください。

 

 

中国語のピンインとは何なのか? 最重要項目を解説 - 中国語を勉強しよう!

 

 

u-chinese.com

ピンインって中国語学習のさいに多くの方がぶつかる壁なので、上達するには多くの単語に触れて慣れるしかないような気もします。 

 

では、そもそもピンインにはどんなメリットがあるんでしょうか?

 

ピンインのメリットは?

 

f:id:hanecchi:20180112233131j:plain

 

そもそもピンインのメリットってなんなんでしょう?

  

かなり大雑把にいうと、ピンインがわかると漢字の読み方がわかるということです。

 

日本語で例えると、「山」という漢字を書ける、意味を知っているということであっても、「やま」という読みを知らないでいると不便ですよね。

 

山についての会話にちょっと支障をきたすはずです。

 

日本語の場合だとひらがな、カタカナがあって読みを知ることは簡単にできるんですけどね。

 

 

あと他に、ピンインがわかるとイントネーションもわかるという大きなメリットもあります。

 

英語を勉強するときに単語帳の英単語の横についてる発音記号みたいなもんですかね。

 

また、中国の子供や外国人が中国語という複雑な言語を学ぶ上でのメリット、またパソコンや携帯で数万に及ぶ漢字を入力する上でも非常に大きなメリットがあります。

 

そんなピンインを導入した結果として、中国の識字率が15%から95%へと大きく上がったそうです。

 

すごいですね。

 

それだけシンプルで簡単に使いこなせるっていうことなんでしょうか?

 

そういう意味ではピンインはメリットというよりもむしろ不可欠なものかもしれません。

 

ピンインを考案した周有光さんの貢献度はかなり大きいですね。

 

 

まとめ

以下の青く塗りつぶされた箇所が本日のグーグルのロゴが表示された国々です。

 

 

f:id:hanecchi:20180112213758p:plain

 

 

もちろん中国では表示されていますね。

 

他にもいろいろありますが、中国系の人が多く住んでる国でしょうか?

 

ちなみに、本日のGoogleロゴに表示されている「谷歌」というのはグーグルという意味だそうです。

 

itpro.nikkeibp.co.jp

 

 話は変わりますが、中国は国土が広く、例えば上海の人と香港の人が使う言葉は全然違うものだそうです。

 

それはお互い何を話してるのか全くわからないレベルで、日本の方言の違いとは全然スケールが違うものだといいます。

 

それでもだいたいの中国人は標準語(北京語)が理解できるそうです。

 

もちろんテレビやネットなどメディアの影響も大きいと思います。

 

中国の本場のテレビ番組や映画を見ていると、下部分に標準語の字幕付きなことがけっこう多いです。(確か)

 

あとは中国の子供がピンインを学んでいることも関係あるんじゃないでしょうか。

 

きっとピンインが橋渡しの役割をしているのでしょう。

 

なお、今の中国の子供たちはスマホやパソコンで文字を入力するためにピンインを使用しているそうです。

 

便利な世の中になりました。

 

まさに周さんの言語愛が時代や世代を超えて大きな貢献をしていると言えるのではないでしょうか。


ということで、本日のGoogleロゴ「周有光さん」についてざっくり記載させて頂きました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。